ブランド・メーカー品の輸入について

ブランド・メーカー品の輸入について (注意すべきポイント)

ご存知の通り、ニセモノ商品の大半は中国で生産されています。 日本に偽物商品を輸入することは犯罪となりますのでご注意下さい。

中国には、 非正規品、横流し品、模造品、海賊版、コピー品 (参考資料: 中国、偽物天国と一般商品の品質) が多くあり、タオバオも同じです。

■ブランド品やロゴマークの入った商品のコピー品は輸入禁止です。
■ブランド品正規品は、メーカー発行のブランド証明書が必要です。ショップ側で証明書の発行ができなければ輸入できません。ショップが証明書を出せることは殆どありません。
■ブランドのコピー商品は、税関で 没収となり、廃棄されます。悪質な場合10年以下の懲役や1000万円以下の罰金が科せられます。
■有名無名に関わらず商標のある商品は、すべて輸入できません。
■判定が自分では難しいと思われる場合、ノーブランド品以外は全て輸入不可と考えて、商品をお選び下さい。規則を無視した注文を繰り返し行っても、商品の購入はできず、お客様の得になることはありません。
■税関で没収措置となればお金は戻りません。
■非正規品とみなされることを避けるなどの目的から衣類や小物に付く商標やタグ類が無い商品が存在しますが、当社で責任を負うことができません。

関連情報
Lady GaGaのイヤフォーンに学ぶ、本物の探し方

コメントの入力は終了しました。
トップへ戻る